近視用の眼鏡についてと虹について勉強した

凹レンズなどについて訓練をしました。近視案件眼鏡(凹レンズを需要)は、凹がないと像が網膜より前にできてしまいます。像を結ぶ詳細を遠ざけて、像が網膜にきちんと移るように行う。次は、虹についてだ。雨上がりには、たくさんの水滴が浮かんでいる。陽射しが、水滴によって分かれて目に入ります。白くさい陽射しは、多くの色あいの光線の集まりで人間の眼はそのなかの光線しか見ることができません。光線が物質に当てはまると光線の片隅は物質に把握され、反射された光線が自体の色あいとなって我らの目に入ります。光線には、光線以外にUVや赤外線などがあり、各種ものに利用されている。降雨が降った上には、たくさんの水滴が浮かんでいる。浮かんでいる水滴に陽射しが触れると、ひとつひとつの水滴がプリズムのプラスをして分かれ、その光線が目にはいることによって虹が見える。知らないことを知れたので、良かったです。http://www.unitedpercussion.net/

近視用の眼鏡についてと虹について勉強した