松山市近郊にいる、とある古本屋でのできごと

私はいま古本屋を廻っていらっしゃる。中学校に達する娘は「宇宙兄妹」バスケをやる小児は「あひるの空」と子供たちが読みたいアニメを求めて松山市にいらっしゃる古本屋を探し回っていました。私も赤ん坊時代にアニメに楽しませてもらったので、アニメはよろしいものだと思っています。ただこういう2つのアニメはすでに20巻以上の大作で現在から総て新刊でかき集めると大いにお金が加わる。そういった暮らしも考えて古本屋を求めていました。ただ古本屋ともなると何だか全巻そろわず巻と巻の隔たりが抜けていて、古本屋の循環店先を探し出しまくっていました。
ある時ネットで古本屋を調べていたら循環店先とは別途店先を見つけました。そこは松山市近郊にいる在所情景が似合う家屋通りの一軒家に倉庫があり、そこを古本屋として成り立たせていました。囮の電機は消えていましたが私が店先に入ろうとすると中から50勘定くらいの女性が出て来て「とにかく」と言ってくれました。「こんなところに古本屋があったんですね」と聞いたら「娘がユニバーシティ時代にアニメ調査会に所属してアニメを集めたのでそれを仕事にしようと考えたけど損するんでこれをサイドジョブにしてる。」と言っていました。実質この店では正式を買うことはありませんでしたが、嬉しい遭遇にしていきたいなと思うような一時でしたミュゼ 400円 いつまで

松山市近郊にいる、とある古本屋でのできごと